×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バリ挙式を経験した管理人が海外挙式に関する情報をお届けしています。
経験者がつくった海外挙式実務マニュアル
現地到着からのスケジュール
現地到着したら挙式まで忙しいです。
挙式前日にはプロデュース会社の担当者と打ち合わせ、リハーサルメイク・・・エステ・・・などなど。現地でなんでもやると結構大変です。
疲れると結婚当日に吹き出物。なんてこともありえますよ。
下記のスケジュールは管理者が体験したバリ挙式のスケジュールです。
参考までに・・・。
1日目:現地到着
深夜に到着。バリは時差が殆どないので体調管理は楽。ただし、深夜に到着のためちょっとお疲れ。。日本語ベラベラの現地係員がお出迎え。車中で滞在中の説明をうける。現地係員がチェックインもやってくれ、いたれりつくせり。
2日目:打ち合わせ
挙式担当者(ホテル従業員)が迎えにくる
下見をかね、当日挙げるチャペルで挙式に関しての打ち合わせ(式の流れのリハーサル含)
プロデュース会社の事務所に行き、当日着る衣装や写真、ビデオ等の
オプションの確認をおこなう。
(衣装を現地で選ぶ人は、この日に試着し決定。管理者は日本でレンタル衣装を
決めたため当日着る衣装や手荷物で持ち込んだ物を確認するのみ)
日本でオプションとして頼んでいたリハーサルメイクとネイルをスパでうける。
部屋に戻る
わからないことは質問して当日の不安を少しでも解消しましょう。
さー明日は結婚式です。
3日目:挙式当日
朝からソワソワ。。
あっという間の挙式。とっても疲れたけど楽しかった。
今となってはもう一回したいぐらい。
4日目〜最終日前日:完全フリーの日です。
管理者はプール付ヴィラに泊まったので部屋でゆっくりする。
あーこのまま一週間いれたら、なんて気持ちに誰もがなります。。
最終日:帰国します
帰りの便が夜出発のためチャックアウトから時間があいてしまいます。チャックアウトの時間を遅らせて欲しいとの交渉はヴィラ滞在だった為無理。ヴィラは予約が結構あるみたい。結局ホテルを取り出発までゆっくりし過ごしました。おかげで楽チン。

初日に空港まで迎えにきてくれた現地係員とホテルのロビーで待ち合わせ。空港までの送迎してもらう。空港についてからもまだまだ時間があるのでラウンジでゆっくりし、無料の軽食を食べ飛行機の時間を待つ。。
バリを離れる時は思わず『バリ、バイバイ』と口に出してしまいました。

またバリ行くぞ!!

結婚式があったので日程的にはバタバタしたけど
極力優雅に過ごしたハネムーンでした


※当サイト内の掲載内容や画像等を無断で転載・転用することは禁止させていただきます※